ホーム > 事業内容 > 産業廃棄物処理事業(熔錬工場)

熔錬工場

 資源は限りあるもの。でも形を変えて再利用すれば、その用途は無限にひろがります。
 今、三池製錬の誇るユニークな熔鉱炉が、物を捨てるというマイナス思考を再利用というプラス思考へ…。
 明日の地球を守ることこそが今を生きる私達の義務と考えています。


MFプロセス 三井式亜鉛半溶鉱炉

MFプロセスの概要

 三井金属鉱業株式会社では、三池製錬所(現三池製錬株式会社)において、永年培った亜鉛製錬鉱滓処理の技術を活かした三井独自の亜鉛半溶鉱炉であるMFプロセス(MITSUI FURNACE PROCESS)を開発し、1965年に操業を開始しました。
 現在では、製鋼煙灰を主体とする有害産業廃棄物(鉱滓)の処理を行い、粗酸化亜鉛とMFマットを生産しています。 産業廃棄物処理による環境保護と資源リサイクルの社会的要求に対し、三井のMFプロセスはその優れた技術でお応えします。

前処理

 製鋼煙灰などの原料と還元剤として石炭、溶剤として珪石、およびバインダーとしてパルプ廃液(リグニンスルホン酸)を混合、乾燥し、粉砕後に製団し、製団鉱としてMF炉に供用します。

MF炉

 製団鉱は、装入シュートで乾燥、予熱、コーキング作用を受け、炉内熔錬ゾーンに入ります。熔錬ゾーンでは、約200℃の予熱空気が羽口より吹込まれ、亜鉛や鉛が還元揮発されます。溶融物はセットラに抜出され、マットとスラグに分離されます。マットには銅や金、銀が濃縮し、またスラグは1300℃以上の高温で溶融無害化されており、重金属等は溶出しないものとなっております。

排ガス処理

 排ガスはボイラー、ガスクーラーで冷却後、2段バッグフィルターに送られ、揮発した亜鉛分は粗酸化亜鉛として回収されます。

脱ハロゲン

 粗酸化亜鉛中に含まれる塩素類は、湿式洗浄方式で除去されます。

環境対策およびコンピューターシステム

 排ガス中のダイオキシン類は、MF炉内での分解及び活性炭による吸着により除去され、また、排水も中和処理され、環境対策には万全を期しております。操業は、コンピューターによる細かな監視、コントロールがなされています。


「処理対象物」~PROCESSING WASTE MATERIALS~


供用物 input:150,000t/y

・製鋼煙灰 EAF dust
・亜鉛製錬滓 zinc smelting residue
・溶融飛灰 secondary fly ash
・銅製錬煙灰 copper smelting dust
・銅金銀滓 Cu & precious metal residue
・その他産廃物 other residues and wastes

 

特徴


幅広い適用

 製鋼煙灰に限らず、溶融飛灰・亜鉛抽出残渣(赤渣)・汚泥・スラッジの滓類等、広範囲の原料に適用できます。(塊、粉、水分の有無等、形状は問いません。)また、プラスチックや廃ガラス等の可燃性廃棄物のリサイクル処理も可能です。

無害化

 鉄-シリカを主成分とするスラグは、完全に無害化されており、セメント原料に使用できます。

サーマルリサイクル

 効率の高い廃熱ボイラーを設置しており、蒸気を発生させて自家発電に利用しています。 また、蒸気を近隣の企業にパイプライン輸送し売却しています。


MF法フローシート


ASR投入施設活用率

2017年度 三池製錬株式会社のASR投入施設活用率


・2017年度三池製錬株式会社のASR投入施設活用率(PDF:61KB)


PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。


三池製錬株式会社
(熔錬工場)
〒836-0017福岡県大牟田市新開町2-1
TEL0944-53-7262 FAX0944-53-5668
(化成品工場)
〒836-0003福岡県大牟田市大字唐船2100
TEL0944-52-4201 FAX0944-54-3348