三井金属計測機工|事業案内

HOME  > 事業案内 > 電子部品実装 > 手動スプライサー

電子部品実装

多品種少量生産から量産品まで、フレキシブルに対応できる生産体制を保有しているだけではなく、そのノウハウの下、独自の治工具、各種製造・検査装置をご提案させていただき、お客様における「ものづくり」を支えてまいります。

手動スプライサー

スプライサーとは、ジョイントテープを使って新旧テープを接続し機械を止める事無く生産を可能とする作業です。基板の部品はロールになって巻かれており、実装機がそのロールから部品をとって基板に乗せる役割。そのロールの最後と次のロールの最初をつなげる(手動)ことが簡単にできるように開発されたのがスプライサーです。

■特徴

本治具は、8mm幅テープ繋ぎ作業を、パズル形状合致で金具レスを実現しています。
●治具上で、両キャリアテープの先端トリミング → 接続 → スプライシングテープの貼り付けが可能です。
●新テープ側のトップテープが剥がれやすい形状でカットしています。
●オペレータ個人のスキルに左右されず、安定したスプライシング作業が可能です。

  • ■技術・仕様
項目 仕様 備考
対象テーピング 紙テープ(8mm幅×2mmP・8mm幅×4mmP)
エンボステープ(8mm幅×2mmP・8mm幅×4mmP)
エンボステープはボス高さ2.8mm迄対応
 
スプライステープ

推奨専用シール(位置決め穴付き)
他メーカースプライスシール使用可

専用スプライシングテープについては当社担当へお問合わせください
カット位置 スプロケット送り穴より0.2mmシフトした位置でカット カットポジションの変更はオプションにて承ります
作業時間 約28秒 両キャリアテープ先端のトリミングからJOINT
テープ貼り付け迄
寸法(L×W×H) 最大寸法310(L)×160(W)×190(H) (L)はレバー長さ含む。
質量 4kg  
刃耐久性 約 300,000カット (30万ショット)
約 6年(200回/日 使用の場合)
説明書通りに使用した場合に限ります。

■動画で確認する

カタログダウンロード

ページトップへ戻る