法務

鎌田 好洋
2011年入社 法学部 法律学科 卒業
【これまでのキャリア】

入社後、韮崎事務所経理課(山梨県韮崎市)に配属。1年間の経理実習を行う。2年目、三池事務所総務課(福岡県大牟田市)に異動。担当業務は、不動産管理、地域渉外、環境問題、社内行事等。3年目の1月に、現在の本社法務部に異動。契約書のチェック、取締役会事務局、法令調査、社内研修等に携わる。

当社は世界各国の企業と取引を行っており、また海外子会社も多数有しており、非常にグローバルなビジネスを行っています。事業部が新規事業を始めるときや、事業の方針を変更するときなどは、まず法務に相談が来ます。法務部は、会社の全体的な動きを感じやすい部署と言えますね。
現在担当している業務は、契約書のチェック、取締役会事務局、法令調査、社内研修等です。非鉄金属メーカーの製品は様々な用途に使用されており、関係する業界が多岐にわたりますので、幅広い知識が必要です。また、英語の契約の依頼も非常に多く、世界を舞台にビジネスをしていることを強く感じます。グローバルに仕事をしたい方には非常によい会社ではないかと思います。


入社2~3年目は福岡県大牟田市にある事業所の総務課に勤務していました。その際当社の空き工場を他社に賃貸する案件を担当しました。賃貸借契約にあたり、工場内に残された設備の取扱いや、賃貸物の修繕責任の分担をどうするかなどは、実際に現地で確認しなければ判断がつかないことが多く、何度も現場に足を運びました。地道な作業も多く苦労もしましたが、現場・現物・現実主義の考え方を肌で感じることができ、大変貴重な経験を得られました。現在法務の業務を行う中でも、この時の経験が活きていると思います。


私は学生時代から法務職に興味を持っていました。三井金属の面接では私の希望職種について真摯に聞いてもらえました。大量採用をする会社とは異なり、一人ひとりをよく見てくれている会社だと感じました。実際、同期をみても、私を含めほとんどが希望通りの仕事をしていると思います。また、少人数採用ということもあり、若いうちから責任のある大きな仕事を任せてもらえる風土があります。成長に繋がるチャンスは多く、この点は特によかったと思っています。
法務部は研修制度も充実しており、私も5年目の夏にイギリスのケンブリッジ大学ロースクールに1ヶ月間の短期留学をさせて頂きました。世界各国の参加者と共に英米法を学び、大きな刺激を受けました。今後も更なるステップアップを目指していきたいと思っています。


【鎌田 好洋の1週間】

平日は契約書のチェック。
休日は喫茶店で法律や英語の勉強。

月曜日 事業部の営業担当者と国内の契約の打合せ
打ち合わせた内容を元に契約書のチェック
火曜日 弁護士事務所に相談へ
帰社後は弁護士との打合せ内容をまとめて上司へ報告
水曜日 メールで依頼のあった事業部の契約書をチェック
午後は法律の社外セミナーへ
木曜日 取締役会に陪席し、事務局用務
契約に関連する法令調査や判例調査
金曜日 英文契約書のチェック
金曜日の夜は上司と飲みに行くことも
土曜日 家事、勉強等
日曜日 外出

国内・国際法務のスペシャリスト。 社内の留学制度を利用し、海外長期留学や米国弁護士試験等にチャレンジしたい。