三井金属 M.Lab

お問い合わせ
三井金属のコア技術
トップページ > 三井金属のコア技術

三井金属のコア技術で、未来のための素材、進化のための開発をお手伝いできます。

トコトン技術でできること

こうしたコア技術は、金属を金属以外の材質に変えたり、薄くしたり、細かくしたり、表面を変えたり、金属と樹脂を複合化する技術につながっていきました。それぞれ、どのようなことができるのか、実際に技術開発の例をご紹介します。

トコトン
材質を変える

合金  ターゲット材(強磁性合金など)、水素吸蔵合金、亜鉛合金
酸化物  ターゲット材(ITO,IGZO)、ガラス研摩材(CeO2・La2O3)、セラミックス部材、
マグネタイト(Fe3O4)、透明導電性粒子(SnO2,ZnO)、SAWフィルター向けLT原料(Ta2O5)
炭化物  超硬合金、耐熱材添加剤 (TaC, NbC)、
炭化ケイ素(SiC)質ファインセラミックス
硫化物  全固体電池向け電解質材料、蛍光体向け材料
材料複合化   銅インク、ニッケルナノインク
その他
水酸化物、フッ化物、窒化物、など
機能粉材料の前駆体、単結晶材料(CaF2)、
窒化ケイ素(Si3N4)質ファインセラミックス
トコトン
表面を変える

表面コート   銀コート銅粉、無機物コート金属粉
活性成分担持   環境浄化触媒
トコトン
薄く、細かくする
(大きく、形作る)

薄層化   電解銅箔
粒子サイズ・形状   各種金属粉(製法:アトマイズ、電解、湿式、等)
     (形状:球状、フレーク状、樹枝状 等)
     (サイズ: nm~数百μm)
大型化・複雑形状   素形材 ターゲット材(液晶向け大型平板、円筒形状)
メタロフィルター、
セラミックス構造体・部材(大型、複雑形状)
ページ先頭へ