HOME  > 製品案内 > LABEL FEEDER

ラベルフィーダー ( Label feeder)  小さいシール貼付けはこちら

■動画で確認する(最初に見てください)

■特徴

Point01.独自の剥離技術(特許取得)で、極小ワーク1.5mm~ の吸着を実現

●電子部品マウンターとの組合せで、高速、高精度マウント(貼付け)を実現 。
●フィルムにONできるシール、両面シール、部品、材料など多分野に対応

当社ラベラーは、IT機器(iPhone、ゲーム)、医療、自動車、計量機器、食品、化学など様々な分野で、ご要望に合わせた、極小、微細(1.5mm角~ )シールやシール部品、マスキングシール、両面シールの貼付け(マウント)を、画像処理を搭載し(画像処理によるシールの輪郭から重心、方向を求め)、高精度な貼付を実現しています。

■手作業プロセスの自動化 FPC基板へのPSA搭載

■特殊ラベル・テープ加工メーカー:㈱サニーシーリング社と共同開発

「サニー・シーリング社の優れたコン バーティング技術と、当社の電子部品実装技術との融合に よって生まれた共創型ビジネスであり、今後も両社で力を 合わせ、ユーザーの困りごとを解決するソリューション提 案を継続していきます。

サニーシーリング社のホームページはこちら

 

カタログダウンロード

発行:株式会社 加工技術研究会
コンバーテック 2018年7月号に掲載

Point02.電子部品マウンターとの組合せで、高速、高精度マウント(貼付け)を実現

複雑形状の高速、高精度マウント(貼付け)が可能

【貼付け速度 0.5sec (10ヘッド時)】
【貼付け精度 0.02mm】

■技術・仕様

項目 仕様 備考
対象セパレーター 32mm幅PETフィルムもしくは、微粘着フィルム(PET基材)-
※共に基材厚み50μが基本仕様となります
φ1.5mmスプロケット穴付き(ピッチX:28.5mm Y:4mm)のリール状に巻かれたベースフィルム
※他幅、他材セパレーター仕様は別途お打ち合わせ必要
ワーク貼り付けピッチ

1mmピッチ~40mmピッチまで対応

※ワーク抜き仕様・吸着ノズルは別途打ち合わせ
送り精度・貼り付け FEEDER送り精度 ±0.05mm
貼り付け精度/マウンタ搭載精度 ±0.05mm
※ヤマハ発動機製マウンタと通信した場合に限ります。
最高タクト /1個 例:0.6S/個 (4mmピッチで マウンタ 10ヘッド吸装着時) ※ヤマハ発動機製マウンタと通信した場合に限ります。
寸法(L×W×H) 最大寸法 (670mm×180mm×250mm) 重量30kg FEEDER取り付けベース含む
定格入力電圧
最大消費電力
AC100V~AC240V(50/60Hz) / 380W/100V 200W/200V  
Point03.ロボットとの組合せで、低コストで試作・少量多品種に対応

試作・少量多品種・セル生産にもってこい!
場所を取らないため、ライン内に導入できます!(□850:ロボット稼働 r220時)

【貼付け速度 3sec】
【貼付け精度 0.05mm】

■技術・仕様

装置名(型式) 微細ワーク移載・貼合スカラロボット装置(MKK-FSK-220)
使用用途
剥離ワークサイズ
フィルム上に搭載された微細ワークの剥離
任意の位置へのワーク移載・貼合1×1mm~25×30mm
装置構成 フィルムフィーダー、スカラロボット、吸着ノズル、画像認識カメラ(含む画像処理)
搭載先 カスタム可能(要相談)
搭載精度・速度 ±50μm・2,000CPH(タクト優先 アライメント補正無し時)
寸法・重量 W850×D850×H1590mm・150kg
電源・使用空気圧 AC100V 500VA(MAX)・0.4Mpa以上
カタログダウンロード

ページトップへ戻る