三井金属鉱業株式会社

新卒採用ENTRY INTERNSHIPENTRY

PERSON & WORK | 機電系 機械

立案し、構築したプランが形となり、
世の役に立つことを
誇らしいと思っています。

三井金属エンジニアリング(株)
エンジニアリング事業部
技術統括部 機械部

志水 祐太

2012年入社
工学系研究科
機械システム工学専攻

career

入社理由

素材メーカーとして川上から川下に至るまで、高いシェアを誇る製品を多数持つ三井金属の技術力と将来性に魅力を感じていました。さらに製錬から電子材料までを扱う多岐にわたる生産設備があるため、機械系設備技術として自分が活躍し、成長できるフィールドに可能性を感じたため、入社を決意しました。

work

現在の仕事とやりがい

設備の更新・改修に関する業務を担当しています。お客様の要望に沿った計画の立案や見積作成などの受注前活動から、受注後は設計業務、協力会社の選定など施工前の準備を遂行していきます。施工が始まると現場の指揮官として、お客様との調整、協力業者のとりまとめを行い、安全に、かつ工事の水準を満たすことを使命に業務を遂行します。現場で起こる不測の事態に対して、瞬時に各関係者に協力してもらうため、日々の関係構築も大切にしています。自身が立案し、お客様と構築したプランが徐々に形となり、世の役に立つ設備となることはやりがいを感じることができ、誇れる仕事であると思いますね。

Episode

印象的なエピソード

工事責任者として業務を行う際は、安全に工事を完遂させることは当然ながら、臨機応変な対応力、各関係者との調整などで緊張感が続くため大変ですね。協力業者のベテランの職人の方に指示を出すこともありますが、失礼にあたらないように留意する一方で、責任者として信頼してもらうために真心を込めた対応を心がけています。また、海外メーカーの方が来日された際、自分が応対したことがありました。技術面におけるコミュニケーションもさることながら、食事や宿など滞在中の生活もフォローする必要があり、苦労しました。

Culture

三井金属はこんな会社

各担当者がさまざまな現場で奮闘するなかで、必要に応じて補完し、助け合いながら業務を進める、仲間意識が高い職場だと感じます。特に現場(出張先)での業務は苦労が多いですが、一つひとつを乗り越えた後にかわすビールは最高に美味しいですね。会社の同僚と週末にバーベキューをしたり、社員旅行に参加したりとフレンドリーな職場だと思います。自分が入籍した際には盛大にお祝いしてもらい、なおかつ結婚披露宴にも多数出席してもらいました。

Growth/
Future goals

成長できたと思うこと

さまざまな設備の更新に受注前から施工完了まで携わることで、技術者としてスキル、ノウハウを習得できました。また現在のお客様は国内が主ですが、協力業者としては多くの海外メーカーとお付き合いがあります。アジア・北欧等の異文化背景を持つ方とのビジネスは自信を成長させてくれています。

今後の目標

新たなトップシェア製品を生み出すための、新たな設備計画に参画し、プロジェクトを完遂することが目標です。何もないところからアイデアを生み出し、設計し、製造することに何よりのロマンを感じます。

キャリアステップ

  • 1年目

    エンジニアリング
    事業部に配属
    電気銅の自動ハンド
    リング装置案件を担当

  • 3年目

    PPC㈱日比製煉所にて
    応援要員として約半年間
    勤務。自熔炉改修案件
    などを対応。

  • 4年目∼

    設備の更新または改修に
    関する受注前活動から
    施工完了までを担当

ある1日の流れ

9:00

出社、メールチェック

10:00

社内打ち合わせ

11:00

見積業務

12:00

昼食

13:00

メーカーと打ち合わせ

14:00

設計業務

15:00

図面作成

16:00

事務処理

17:00

出張準備

18:00

退社(状況によって残業)

day off

オフの過ごし方

妻と買い物や食事に出かけたり、のんびりして過ごしています。47都道府県を夫婦で旅行することを目標としており、長期の休みには旅行に出かけたりしています。