三井金属鉱業株式会社

> 新卒採用ENTRY INTERNSHIPENTRY

PERSON & WORK | 材料系 開発

自分の開発したテーマで
リサイクル製錬を
前進させています。

金属事業本部
企画部
金属開発センター/主任

西長 理

2015年入社
工学院 材料科学専攻

career

入社理由

世の中のあらゆるモノは素材からできており、その素材は社会を根底から支える重要な存在です。素材を通して社会貢献したいという思いと、大学時代に金属材料について学んだことから、素材メーカーに興味を持っていました。三井金属は多種多様な元素を扱っており、国内外でシェアトップの製品を生み出す高い技術力を持っているため、その中に飛び込めば周囲から刺激を受けつ与えつ、自分の視野や知識が広げられるのではないかと思いました。

work

現在の仕事とやりがい

新しい製錬プロセスの開発を行っています。竹原製煉所金属工場の主要製品は鉛地金ですが、近年の原料多様化に伴い、鉛以外にも銅、スズ、アンチモン、ビスマス、貴金属などさまざまな有価金属が入ってきます。私のミッションはそれら有価金属を効率的に回収する技術を開発し、三井金属が掲げる「リサイクル製錬」をさらに前進させることです。将来的に新しい製錬プロセスを開発したいと考えていたら、入社早々に重要な開発テーマを任されました。責任も感じますが、やりがいは大きいです。なかなか曲者の元素があったり、同じ元素であっても存在形態によって挙動が変わったりするので、簡単ではありませんが奥が深くて楽しいです。

Episode

印象的なエピソード

自分で考えたフローが認められたときや、上司とのディスカッションを通してそれがさらに洗練されたとき、良い方法をひらめき、結果が出たときなどはやはり嬉しいですね。とはいえ大学時代よりもスピードを求められるので、効率的に業務遂行する必要がありますし、開発したプロセスが技術的には可能であっても儲からなければ意味がないので、コストも意識しなければなりません。あわせて、現場展開が可能かどうかも重要です。どのような設備で、どのような管理方法で展開するのか。まだまだ分からないことばかりです。これから身につけていかなければならないと感じています。

Culture

三井金属はこんな会社

明るくフレンドリーな方が多いです。優秀な先輩社員が多く、親身にアドバイスをくれます。上司との距離感も近く、よく面倒を見てくださいます。飲み会では、学生よりも元気なんじゃないかと感じることもしばしば。言いたいことは言い合える会社だと思います。上司や有志と共に月2回程度卓球しています。寮で生活していますが、寮生同士の仲も良く、飲み会や食事、遊び(花見、バーベキュー、釣り、登山、キャンプなど)に行ったりします。

Growth/
Future goals

成長できたと思うこと

学会などに積極的に参加させていただいており、製錬業界について幅広く学ばせてもらっています。また、電気化学やさまざまな分析手法などの専門知識についても業務を通して身についているのを感じます。収集した情報と身につけた知識を普段の開発業務に積極的に活用しようとしており、好奇心・探究心が強まったと実感しています。

今後の目標

今は開発中のテーマが「西長プロセス」として現場展開されるのが楽しみです。それが落ち着いたら新しいテーマに取り組むのはもちろん、自分で開発すべきテーマを発掘していきたいと思います。常識に囚われすぎず、三井金属の幅広い事業、さまざまな技術を活かし、柔軟な発想ができる製錬のスペシャリストになりたいと思います。

キャリアステップ

  • 1年目

    開発センターに配属
    試験手法や進め方、
    分析方法等について
    学ぶ

  • 2年目∼

    テーマに沿った
    業務に移行
    主体となって
    テーマに取り組む

ある1日の流れ

7:45

出社、メールチェック

8:00

試験依頼、試験準備等

9:00

試験

12:00

昼食休憩

13:00

試験の続き

16:00

データ解析、測定、分析等

17:00

上司に進捗状況報告・ディスカッション

18:00

翌日の試験準備、退社

day off

オフの過ごし方

ドライブに出かけて広島県内外のいろいろな場所を巡っています。各地の景勝地を訪れ、ご当地グルメを味わっています。また、毎年夏に先輩・後輩とキャンプするのが恒例になってきました。最近は後輩から釣りを教わっています。