三井金属鉱業株式会社

新卒採用ENTRY INTERNSHIPENTRY

PERSON & WORK | 材料系 研究

将来の社会や産業に貢献する、
そんな材料の開発をリードできる
技術者になることが目標です。

総合研究所
第1センター

富田 惇喜

2016年入社
工学研究科
知能デバイス材料学専攻

work

現在の仕事とやりがい

現在は、多孔質材料の物性制御技術、具体的には合成した多孔質材料の物性をニーズに合わせて最適化するポスト処理技術を開発しています。さまざまな方法が確立された分野ですが、材料に要求される特性を従来よりも効率よく実現する技術の確立が私に課せられたテーマです。また私には、新技術の探究だけでなく、実際の量産に使える工程設計も求められており、ビーカースケールで開発した新技術をパイロットスケールへとスケールアップする取り組みにも携わっています。当社では若手社員でも責任ある仕事を任されるので、自分が先頭に立って開発を進められる楽しさを存分に味わいながら働くことができています。

Episode

印象的なエピソード

材料開発は、性能評価を自社とお客様側の両方で実施しながら進めます。ある時、自社での評価結果とお客様の評価結果の整合性が取れずに大変困ったことがありました。社内で望ましい結果が得られたサンプルを提出していましたが、評価条件の乖離から性能が発揮されていないことが原因でした。技術的な裏付けが不十分であったと思い直し、原理原則から材料のあるべき姿を考えた上で改良を重ねたことで、お客様側の評価でも満足できる結果を得ることができました。本質を大切にして開発に取り組むことの重要性を、改めて学んだ出来事でした。

Culture

三井金属はこんな会社

開発の方法や結果について議論する場面では、ポジションや年齢に関係なく自由闊達に意見を交わすことができます。お互いが理解できるまで議論に付き合ってくれるので、常に納得した上で開発を進めることができます。こうした自主性を重んじる環境が、試験結果への考察をより深めること、ひいては自分の成長につながっているのではないかと思います。さらにさまざまな領域の経験豊富な専門家たちに囲まれているという環境も、とても気に入っています。

Growth/
Future goals

成長できたと思うこと

入社して早くから規模の大きな案件を任せてもらえたので、社内外の多くの方々と仕事をする機会がありました。そうした中で「論理的に考える力」「説明する力」を身につけることができたと感じています。同時に、いろいろな相手に自分の意見や考えを明確に伝えるために、自分なりの判断基準を持つことを心がけるようになりました。

今後の目標

将来の社会や産業に貢献する材料を開発・製品化したいと考えています。そうなるためには、今よりも遥かに深い専門知識と幅広い視野を身につけて、研究開発を引っ張っていける人材にならなくてはなりません。目指す自分になるために、まずは現在のテーマや目先の業務課題をひとつずつクリアし、成功体験を積み上げていきたいと思います。

キャリアステップ

  • 1年目

    機能材料研究所
    (現・総合研究所)に配属。
    環境浄化用触媒を開発

  • 3年目

    共同研究のため
    大学の研究室に常駐。
    多孔質材料の
    合成技術を開発

  • 5年目~

    総合研究所にて
    多孔質材料の
    物性制御技術を開発

ある1日の流れ

8:40

出社、メールチェック

9:00

ラジオ体操、作業依頼、試料合成

12:00

昼食

12:50

チームミーティング

14:00

試料の分析評価

16:00

データ整理、試験計画の作成

17:00

翌日の予定確認、作業依頼書の作成

17:50

退社(業務が残っているときは残業)

day off

オフの過ごし方

休日は家でゆっくり過ごす日もありますが、家族や友人と一緒によく旅行に出かけています。その他、登山やキャンプ、シュノーケリングなどアウトドアを楽しむことも多く、直近では上司と釣りに行く計画を立てています。