三井金属鉱業株式会社

新卒採用ENTRY INTERNSHIPENTRY

PERSON & WORK | 事務系 経理

収益構造を通して、経営者の視点で
会社を見ることができます。

神岡鉱業(株)
管理部 経理係

千葉 純平

2015年入社
経営学部 会計学科

work

現在の仕事とやりがい

神岡鉱業株式会社で亜鉛製錬工場の損益を担当しています。一番のミッションは、どこで利益(損失)が出ているのかを正確に把握し、製造部門にフィードバックすること。それが今後の操業計画に影響します。具体的には、製造部門から届く工程表(工程間のモノの流れ)より製造原価の計算を行うことから始め、次に売上を計上。売上高と原価の差から損益を確定させた後に、損益分析を行います。為替相場が好転したから利益が出たとか、修繕費が予算超過したから損失が出たなど、要因を分析して、これを製造部門に報告するまでが、業務の流れです。経理の魅力は若手のときから、収益構造を通して経営者の視点で会社を見ることができる点ですね。

Episode

印象的なエピソード

損益分析をするなかでヒアリングをしたとき、現場の人が言っている技術的なことが全く分からなかったことがありました。つまり、現場の言語を知らなかったために、コミュニケーションを取ることができなかったのです。学生時代ずっと文系を歩んできた私にとっては、理系分野は大の苦手分野でしたが、三井金属はモノづくりの会社なので、現場では当然のことのように理系用語がやりとりされています。それ以来反省して、製造現場の工程を理解してコミュニケーションが取れるよう、技術的な勉強をしました。そうやって製造サイドの事情を理解し、提案したことが工場の操業に生かされ、収益向上に貢献できたときには喜びを感じました。

Culture

三井金属はこんな会社

職場の雰囲気は和気あいあいとしたなかで、明るく楽しく、やるときはやるといった雰囲気です。職場の風通しも非常に良いと思います。仕事の面では細かいことまで丁寧に教えてくれますし、プライベートでもバーベキューをやったり、ゴルフを教えてくれたり優しい方が多いですね。仕事は真剣に、プライベートは家族のように仲の良い関係です。経理の同僚、家族でバーベキューをしたときは、皆で手分けをして準備をしたり、持ち寄ったお酒で乾杯したり、上司や先輩のお子さんの遊び相手になったりと、まるで大家族ようでした。ベテランの先輩は親父といった存在で、仕事は厳しく、仕事を離れたら優しい、そんな方々です。

Growth/
Future goals

成長できたと思うこと

論理的に考える力が身につきました。黒字、赤字といった結果は決算で出すことができます。難しいのは、なぜ黒字になったのか、また赤字になったのかという要因を分析すること。結果には必ず要因があります。「なぜ」を繰り返して要因にたどり着くという業務のなかで、思考力が鍛えられたと思います。

今後の目標

将来の目標は、海外拠点で経理責任者として仕事をすることです。経理として海外に行く場合は、出張というよりも駐在員として3~5年の長期で行くことがほとんどです。駐在員となれば現地の経理責任者という立場にもなりますので、そういう責任のある仕事にチャレンジしたいという思いもあります。

キャリアステップ

  • 1∼2年目

    銅箔事業部に配属され
    経理担当となる

  • 3年目∼

    神岡鉱業(株)に異動し、
    経理として
    工場の損益を担当

ある1日の流れ

9:00

朝礼、メールチェックとその対応

10:00

現場から依頼されてた案件の資料作成

11:00

伝票チェック

12:00

昼食、職場の人と卓球をして汗を流す

13:00

本社からの依頼資料の作成

15:00

係内で仕事の問題点についてディスカッション

16:00

翌月の月次決算の準備

18:00

翌日のスケジュールを確認し帰宅

19:30

寮の食堂で食事

20:00

ゴルフの練習&温泉でリフレッシュ

23:00

就寝

day off

オフの過ごし方

私はもっぱらアウトドアです。神岡は山が多い土地なので、夏はゴルフ、冬はスキーを楽しんでいます。また、奥飛騨温泉郷など近くに温泉がたくさんあるので、温泉巡りも楽しみのひとつです。日曜日はゆっくり温泉に浸かってリラックスして、月曜日からの仕事に向けて英気を養うというのが最近の習慣ですね。