HOME株主・投資家情報arrow経営方針arrowディスクロージャーポリシー
印刷用ページ

経営方針

ディスクロージャー
line_h2

1. 情報開示に係る基本方針

当社は、公平、公正かつ誠実で透明性の高い企業活度を推進し、すべてのステークホルダーの皆様に対し、事業活動内容の積極的な公開に努めます。また当社では、東京証券取引所の定める適時開示規則、および会社法、金融商品取引法などの関係諸法令に沿った情報開示を適時・適正に行うとともに、適時開示規則や法令に該当しない情報についても、当社への理解を深めていただくために有用なものは、積極的に、迅速かつ公平に開示いたします。

2. 重要情報と開示方法

(1)適時開示情報
適時開示規則に該当する重要情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供するTDnetにて公表するとともに、公表した情報については、当社ウェブサイトに速やかに掲載いたします。
(2)フェア・ディスクロージャー・ルールの対象となる重要情報
会社の運営、業務または財産に関する公表されていない情報であって、投資者の投資判断に重要な影響を及ぼす重要情報について、株主、機関投資家、証券アナリスト、個人投資家など一部の取引関係者に伝達した場合には、フェア・ディスクロージャー・ルールに則り開示いたします。
(3)法定開示情報
金融商品取引法により開示が求められる重要情報については、法令に則り開示いたします。
(4)その他重要情報
当社の判断により、当社への理解を深めていただくために重要と考えられる情報については、適宜プレスリリースの配信や当社ウェブサイトに掲載する等の適切な方法により、速やかに開示いたします。

3. 株主、投資家との対話

当社は株主、投資家、証券アナリストと中長期的な企業価値の向上を目的とした建設的な対話に努めるとともに、一部の取引関係者のみに重要情報が伝わることがないよう、公平な対話を行ってまいります。また、対話を通じて皆様からいただいた意見、要望、経営課題については、経営幹部をはじめ社内において情報共有することにより経営に適切に反映させ、企業価値の向上に役立ててまいります。

4. 沈黙期間(サイレント期間)

当社は、決算発表準備期間中に株価に影響のある情報が漏れることを防ぐために、決算発表前の1ヶ月を沈黙期間とし、決算に関するコメントおよび質問への回答を控えております。ただし、この沈黙期間中に判明した業績見通しと既に開示した予想とが大きく乖離する場合は、適時開示規則に従い公表いたします。

5. 将来の見通しについて

当社は、当社ウェブサイトおよび当社の発行する資料の中において将来の見通しに関する情報を提供する場合があります。これらのうち、歴史的事実でないものについては、現時点で入手可能な情報に基づき当社で判断したものであります。よって様々なリスクや不確定要素により、実際の業績が見通し等と大きく異なる可能性があることをご承知おきください。

  • 個人投資家の皆さまへ
ページの先頭へ