水処理用吸着材料

事業概要

2020.11.26

循環型社会の実現に向けて水処理に関する様々な社会的ニーズも高まっています。このページでは水処理での有害物質や有価物の「吸着」をテーマに、開発中の材料をご紹介します

水処理用フッ素吸着材

当社では酸化セリウム系材料を用いた工業排水向け吸着材を開発しており、排水中に含まれるフッ素をはじめとする有害物質除去をターゲットとしています。吸着材の性能は、粉体物性の最適化・成型化技術が要であり、これまで培ってきた粉体制御と顆粒化技術を駆使し、お客様のご用途にあわせて、吸着性能、耐薬品性、顆粒強度、再生効率などそれぞれに特徴をもった開発品を用意しております。

詳細資料 (2020.12.10更新)



(英語版のみです)
 Download  Download

MOF(金属有機構造体)

Metal Organic Frameworks (MOF)は、活性炭などと比べて均一な細孔と大きな比表面積を有す多孔性材料であることから、ターゲット物質の選択的な吸着や分離に適しております。二酸化炭素などのガス吸着・分離や、脱塩、金属などの吸着・分離にも応用が期待される材料です。三井金属は、株式会社Atomisと協働して、MOFの量産技術の確立に取り組んでおり、高品質なMOFのご提供とお客様の用途に合わせた開発にも対応可能です。様々な分野のお客様からのご要望をお待ちしております。

詳細資料は
準備中です
 Download  Download

下記フォームにご登録頂きますと、詳しい資料が準備出来次第、ご案内させて頂きます。



 

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、 こちらまでお問い合わせください。

ページ先頭へ